先陣を切ってワーク・フロム・ホームを実践中の夫。


私は個人事業主なので

自宅で仕事をしていますが、夫は会社に通っています。

 

会社員というのは基本的に会社に通うことを前提にしていますが、

 

私の夫は会社の中で先陣を切って

「ワークフロムホーム」という働き方を実践しています。

 

この「先陣を切って」というのが、本当に私は好きなのですが。

 

誰もがやらないことを自らやるというのは勇気が要りますが、これが定着したら最高だと思います。

 

 

ワークフロムホームが定着するには時間がかかるけれど

私も夫も、その人が幸せならばどんな働き方でも構わないと思うタイプです。

 

ただし私は会社員という働き方は合いませんでしたが。

 

 

夫も「会社員賛成」というタイプではないので、期間限定のような形で会社員をしています。

 

会社に勤めるといろいろメリットありますからね。

 

 

そんな夫なのですが、

最近会社の中で誰もがやっていない「ワークフロムホーム」(※夫の造語)という働き方を実践中。

 

これはどういうことかというと、

会社に出勤せず、自宅で仕事をするということです。

 

もちろん監視されるわけではないので、

その日はどれだけの成果を上げたか会社に報告することはマストです。

 

 

しかしこれをやってみるとメリットがたくさん。

夫がワークフロムホームをやる、と決めた日は、私も夫もパソコンを開いて向かい合って座って仕事しています。

 

 

ワークフロムホームという働き方のメリット

ワークフロムホームをしてから、夫はいろいろな良さを感じているようです。

 

ほかの人からすればどうでもいいことから、まぁまぁ納得できることまでここで挙げてみます。

 

  • 好きな時間に休憩がとれる
  • スーツに着替える必要がない
  • 通勤時間がないので、そのぶんの時間を仕事にまわせる
  • 子供の保育園の送り迎えに一緒に行ける

 

ざっとこんなところでしょうか。

 

休憩時間に関してはメリットが大きく、

会社にいると、とくにお腹が空いていなくても決まった時間に休憩をとる必要があることもありますが、

 

自由な時間に休憩をとることが

できますし、休憩であまった時間は好きなことに使えます。自宅にいるので。

 

ちなみに先日のワークフロムホームであまった時間、夫は筋トレしていました(笑)

 

 

あとはスーツに着替える必要がない。

要は、会社に出勤しないのでどんな見た目をしていてもいいわけです。

 

Skypeなどで会議が必要であればキチンとする必要がありますが、夫はラフな服装で仕事しています。

 

 

通勤時間にかかる時間もそのまま仕事にまわせるのも大きいですね。

通勤にかかるストレス(電車内の混雑)なども無くなるので、精神的に穏やかな状態でスタートがきれます。

 

 

また、これは夫にとってはかなり大きなメリットのようですが、

 

それは子供の保育園の送迎に行けること(笑)

 

 

子供も夫が一緒に行くと嬉しそうですし

夫も保育園で見送ってから仕事ができるので、普段よりも安心感があるようです。

 

 

夫が先陣を切ってスタートしているワークフロムホーム。

 

もっと世の中に浸透したらいいのになーと感じます。

日本は出勤に関してガチガチに固いルールを敷いている会社が多いですよね。


カテゴリ:未分類 

管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ