日本は「持ち家=資産」って考えが強いけど、本当にそう?


完全に独り言の記事です。

ちょっと仕事の手が空いたので

どうでもいいような呟きですが記事にしちゃいます。笑

 

 

タイトル通りなんですが、

日本には、「持ち家は資産」神話がありますよね。

 

 

私も夫も、持ち家を資産とは微塵も思っていません。

 

どっちかといえば、

持ち続けることで何かと支払いが発生してくる「負債」のイメージが強い。

 

 

それなので、

今私たちが住んでいるのも賃貸マンションです。

 

東京都心に在住なので

私が住んでいるマンションの周囲でも

新しいマンションがどんどん建設されており

 

今後もどんどん増えそうな予感がありますが

 

マンションを買う気はほとんどゼロ。

 

 

買うとしたら投資用ですね。

誰かに貸す目的です。

 

 

日本は自然災害が多いですし、

将来ずっと日本に住むかも

ずっと東京に住むかもわからない。

 

そんな中でマンションを買う気には到底ならない。

 

 

ちなみに、マンションを買うとしたら

ほぼ一択で東京都心ですね。

 

23区だとしても

アクセスが悪いところは絶対に買わないと思います。

 

街自体は大きくても

治安が悪かったり、

いかがわしい看板が多かったり、

駅が汚かったり、

夜のお店が多かったり。

 

こういったところは

たとえ物件が安くても間違いなく買わないと思います。

 

 

 

それにしても、

不動産会社で勤めている人に会うと

「ずっと賃貸で暮らすの?なんで買わないの?」って話になりがちで非常に迷惑で。笑

 

 

それはそっちの価値観、

こっちはこっちの価値観ですし。

 

 

たしかに、

おじいちゃん、おばあちゃんになっても

ずっと賃貸というのもいろいろ難しいので、

さすがに40代とかになってきたら考えますけどね。

 

若いうち・稼げるうちに家は買っとけ!

みたいな、不動産購入を煽るようなキャッチフレーズが溢れているので

 

こうやって「そういう雰囲気」にのまれて

流れにまかせて買っちゃう人もいるんだろうなーとよく夫婦で会話しています。

 

 

不動産購入が悪だとは思わないですし

そういうことを書きたいわけでもないんですが、

 

物件を買う時期や場所、広さなど、

このようなことは、

その人がどんな人生を歩んでいくのかでどんどん変わるものです。

 

 

持ち家って本当に資産でしょうか?

私はまったく資産とは思わないです。

 

みなさんはどう思いますか。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ