私たちは子供との距離が近すぎない親になることが目標


 

私と夫は、子供との距離のとり方に関して意見が一致しています。

 

それは、距離が近すぎないこと。

つまり「干渉しすぎない」という感じですね。

 

この思考になっているのは、

私たちが育ってきた環境、つまり

お互いの親がかなり大きな影響を及ぼしているのですが

 

それについてを書いておこうかと思います。

 

 

子供がかわいくてかわいくて距離が近すぎると…

大前提ですが、私たちは娘を本当に愛しています。

 

娘が今のところ非常にまっすぐ育ってくれているので、滅多に叱ることがありません。

 

義父母からは、恐らく

「ほとんど怒らない両親」だと思われていると思います。

 

 

でも別にそれでいいです。

 

 

だって、たとえば娘に対して「これはダメだよ」と思うことを発見したとして、

 

私も夫も、わざわざ声を大きくして怒る必要はないと思っています。

 

コラッ!とか、ダメ!とか。

なにしてるの!とか。こういう言い方ってとっさに出ますよね。

 

 

一瞬「あっ!」と思うことはもちろんありますが、冷静に話せばけっこう分かってくれることが多いです。

 

 

そんな感じで育てているわけですが

私と夫はいつまでも娘が家にいることを考えていません。

 

20歳になったら家を出ていくと思っていますし、何ならそれより早く出て行ってもOK。

 

 

もちろん私たちの子供ですが

「子供」という意識よりも、

どちらかといえば1人の「人間」として接している感じでしょうか。

 

 

可能な限り本人の意志を尊重したい。

 

 

それは小さいことも大きいこともそうですが

子供が決めたことに対して、ダメ出しする親になることだけは避けたい。

 

 

なぜかというと、私の親も夫の親も

どっちかというと結構そういう(すぐダメ出しする)タイプだったからです。

 

私が何か決めると「失敗するんじゃないの?」とか、「これからの時代はダメだろう」とか。

義父母も、物事に対して本当に頑固というか。ダメでしょ、というものは頑なに否定するタイプ。

 

 

でもこうなるのって、子供がかわいくてかわいくて仕方ないからだと思うんです。

 

 

失敗させたくない。

挫折させたくない。

無駄なことはさせたくない。

危険なことはさせたくない。

 

この気持ちはわからなくもないですが、

あまりにも娘の将来に向かっているレールを限定しすぎるのも問題なんじゃないかと思うわけです。

 

 

子供とはよき「バディ」でいられることが理想

親は子供に対して、子供がかわいいくて失敗してほしくないがために

 

スタートする前からあれやこれやと指図することが多いですよね。

 

あとは、多いのは

親の価値観を子供に押し付けてしまうパターン。これも親が子にやりがちです。

 

私の親も夫の親も、自分が正しいと思っている価値観を本当によく話してくるんです(笑)

 

 

でも、時代って変わっていきますよね。

日本人らしさとか日本人のすばらしさというのは、教えなくても伝わっていくはずなのです。

 

そういうのは行動とか言葉とかから滲み出てしまうことだと思うからです。

 

 

ただ、時代とともに

それまでは価値があってやっていることだとしても、ふと必要なくなることって必ずでてくるはずなんです。

 

たとえば、まぁ賛否あるとは思いますが

私は「年賀状」って本当にいらないと思っている人間なのですが。

 

メールでいいじゃんって思うので(笑)

 

 

今ぱっと思い出せたのが年賀状だったので書きましたが、年賀状に限らず、

それまでは価値があってやっていたことも、時代とともに「もういいんじゃない?」となることがある。

 

こういうことにいちいちこだわる親になりたくないと思うわけです。

 

 

子供は子供の価値観がありますし

その時代、その時代で考え方はどんどん変わっていくと思っています。

 

子供世代でマジョリティの意見がある。

 

 

よく「バディ」という言葉が使われますが

私は子供とはバディのような関係を続けていけたら最高だなぁと思っています。

 

上から指図するような感じじゃなく

同じ目線に立って一緒にやってみようとするような、そういう親でいたいと思います。


この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ