夫婦ラブラブでいたい人へ。私と夫が気をつけていることのまとめ。


 

こんなことを初っ端から書くのもちょっとアレなのですが(笑)

私と夫は、自他共に認める夫婦ラブラブな関係です。

 

なんで私たち夫婦がラブラブでいられるのか、私と夫が日頃何を気をつけているのか

ちょっとまとめてみようと思います。

 

夫婦はいろいろな形がありますので

この内容は全夫婦に共通することではありません。

 

へぇ~と思う程度に流し読みして頂ければ。

 

夫婦ラブラブの秘訣:お互いの地雷を分かっている

まずは何といってもこれです。

 

私は夫が「何を言ったら怒るのか」

夫は私が「何を言われたら怒るのか」を理解しています。

 

お互いに疲れがたまってイライラしていたり、言い合いになるような喧嘩をしたりしたとき、

売り言葉に買い言葉で、

ついわざと相手がブチッとなる言葉を言いたくなってしまうものですが

 

そこで夫の地雷を踏んでしまうと、状況は良くなるどころか悪化します。

 

 

付き合った最初のほうは…

最初と言わず、最初の数年は、

この「地雷」が分からずに夫とよく喧嘩したものです(笑)

 

 

地雷をふまないように気をつけることももちろんですが、

夫が疲れていたり気持ちに余裕がなさそうなときは、

あえて話し掛けなかったり、重い話題は話さないようにしたります。

 

このあたりのさじ加減は、

付き合っている期間が長ければ長いほどわかるようになってきました。

 

 

私のまわりでも、夫婦仲良しのカップルをみていると

夫婦といえどこういうことを気をつけている人は多いです。

 

相手が明らかに嫌な話題は最初から話さないことが、夫婦仲良くいる秘訣のひとつだと感じます。

 

 

夫婦ラブラブの秘訣:家族の時間以外に個人の時間も尊重している

私と夫には子供がいるのですが、

家族だからといって毎週末ずっと一緒にいるわけではありません。

 

たとえば土曜日は、私が数時間ひとりになる時間を設け、夫も数時間ひとりになる時間を設けて

その時間は自由に過ごしていいという決まりを作っています。

 

 

相手が自由時間をとる場合、

私は子供と2人で過ごしているので相手は子供のことを心配する必要がありません。

 

この自由時間は、友達と会ってもいいし、

カフェに勉強をしに行ってもいいし、

飲みに行ったり、買い物にいったり、美容院にいったり

 

どんな使い方をしてもOK。

 

 

子供がいるとどうしても「週末は家族みんなで過ごすもの」となりがちですが

日曜日は家族で過ごして、土曜日はお互いに自由時間を作る、という夫婦の形も良いと思っています。

 

私は結構、友達と会うためにこの時間を使うことが多くて、

夫はカフェで作業するのにこの時間を使うことが多いです。

 

自由時間といっても最大3時間~4時間程度ですが、かなりリフレッシュできます。

 

 

夫婦ラブラブの秘訣:相手のことを考えた努力を欠かさない

私は結婚する前、ほとんど料理をしたことが無かったんですが

今では平日、夕飯は毎日作っています。

 

どっちかと言うと「やらず嫌い」だった料理ですが、今では全く苦ではありません。

夫が「おいしい!」と言って食べてくれる顔を想像すると、作るのも楽しいです。

 

 

もちろん、いろいろなメニューに挑戦すると失敗することもあります。

 

でも私はあとでまた同じメニューを作ってみます。

成功するまでチャレンジです。

 

そうやってひとつひとつ、得意料理を増やしてきました。

 

 

私にとって料理を努力することは、

夫がまっすぐ家に帰ってきてくれるために大切なことだと思っていますし

料理上手でいることは、良い影響はたくさんあっても悪い影響はまったくないと思っています。

 

 

夫婦ラブラブの秘訣:相手の話に興味をもち会話をキャッチボールする

相手の話に「興味をもつ」というのは結構大変なことです。

 

なにか作業をしながら、適当に相づちを打つのとは違います。

 

相手の話をよく聞いていないと「うん」「へぇ~」とかで終わっちゃいますよね。

相手の話…というより相手の存在に興味がなくなってしまう感じかもしれません。

 

そうなってしまうと悲しものです。

 

 

でも興味をもってきちんと聞くと、こんな簡単な相づちでは終わりません。

 

もっと聞きたい、もっと教えて、となるはずなんです。

 

 

私は夫と話すとき、

もちろん料理中だったり洗濯物を畳んでいる最中だったりしますが

適当に聞き流さないようにだけ気をつけています。

 

夫も私の話を聞くときは、

きちんと話の内容に対して感想を言ってくれます。

 

わざわざすり合わせしてませんが、お互いにこういう部分をきちんとしているのも

私たちが夫婦ラブラブでいられる秘訣なのでしょう(笑)

 

 

夫婦ラブラブの秘訣:感情的になりそうなら日を改めて冷静に

喧嘩をした時、感情的に話し合いをしていても埒が明かないですよね。

 

男性は理路整然と話す人が多いですが、

それに比べて女性は感情的に物事を話したり判断したりする人が多いです。

 

もちろん私たち夫婦もそうなので、

喧嘩すると、私は感情的になってしまい

自分の中で何がポイントなのか整理できなくなってくることもあります。

 

そうなるといったん時間を置かないとダメなんですよね。

 

夫も、たしかに冷静ではありますが、やはり怒っていることは確か。

 

 

こうなった場合は、私たちはあえて話をストップして、日を改めることにしています。

〇〇日にまた話そう、ということで延長します。

 

一見すると、じゃあその日まで家の中は険悪な空気が流れるのか?と感じるかもしれないですが

喧嘩した原因となる話「だけ」をしないようにするので、会話は元通りになります。

 

もちろんいきなり冗談を言い合う感じには戻らないですが(笑)

 

 

そしてお互いに冷静になって、また話したときに、思いのほかスムーズに話ができるんです。

 

話し合う時間も短くなりますし、なによりもお互いに冷静なので

喧嘩していたときの自分の発言を反省して素直に謝罪できるんですよね。

 

こういうことも夫婦ラブラブでいる上で大事だと感じます。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ