私はいつも『夫』と言い、『旦那』とか『主人』とは言わないのですが


私は友達の前でも公共の場でも目上の人の前でも

 

「夫」という言い方をしています。

 

私が親しくしている友達は

みんなバラバラで、「旦那」と言う子もいれば「主人」と言う子もいますが

 

私は「夫」のみ。

 

旦那とか主人とか、私の口から発したのは1~2回くらいしかありません(笑)

 

 

「夫」という言い方が私には一番しっくりくる

「夫」という言い方は誰に対しても使えますし、

 

普段から「旦那」と言う人は、目上の人の前では「主人」と使い分けている印象があります。

 

 

私は夫と結婚してから

旦那という言葉と、主人という言葉を

ほとんど口から発したことがないくらいこの2つの言葉にはちょっと違和感があります。

 

これは正式な意味は別として、世間的な使われ方だけのイメージでの違和感です。

 

 

まず、旦那という言葉。

 

 

親しい友達などでよく使われることが多いですが、なんとなく「かかあ天下」なイメージを持ってしまいます。

 

旦那ってば稼ぎが少なくてさー

うちの旦那なんて〇〇でさー

 

みたいな感じですね(笑)

上から目線というか、尻に敷いているような感じです。

 

 

旦那さんを掌に転がしているような感じで、いかにも愚痴が出てきそうです。

 

 

つぎに、主人という言葉。

 

 

しとやかに「主人はね…」と言い出したら、しっかりとした印象を与えるような感じがありますが、

 

私はなんとなく配偶者に仕えている立場、みたいな印象が強くて使いません。

 

「主人」という字面がそう思わせるのでしょうが(笑)

 

 

友達の前で使うにはかたすぎるし

かといって目上の人の前で使うにもなんか違和感を感じるしで

 

私の中でよほどのことがない限りは使わない言葉だと思います。

 

 

夫という言い方が

いちばん対等で、平等な印象があります。

 

 

誰に対しても使えるし、上から目線な雰囲気にもならない。かといって硬すぎない。

 

だから夫という言い方をします。

 

親しい友達の中には

私の夫の名前を知らない人もいますが、こういう時は「旦那さん」ということもあります。

 

「さん」をつけることで、

自分の中でちょっとだけ違和感を取り除いてます(笑)

 

 

「亭主」という言い方はかなり古い?「パートナー」と言う人もいる

そういえば、配偶者を表現する言い方には「亭主」がありますよね。

 

この「亭主」という言い方も

やはり一家のあるじという意味合いがあるようです。

 

家の中での「支配者」といった強いイメージでしょうか。

 

 

この「亭主」も「旦那」と同じで

ちょっと上から見下しているような印象を与えます。

 

今の時代ではめったに使われない・聞かれないような「亭主」という言葉ですが

正式な場では使わないほうが良さそうです。

 

 

あと、たまーに遭遇するんですが

配偶者のことを「パートナー」という人もいますね。

 

この言い方も私はけっこう好きです。

なんだか対等な印象があります。

 

 

ちなみに、私が友達に相手のことを聞きたいときは

だいたい「旦那さん」を使います。

 

そういえば旦那さん元気?とか

旦那さんって〇〇だったよね~とか

 

友達よりもけっこう年上の旦那さんの場合は「ご主人」だったり。使い分けます。

 

 

「ご主人様」とか「旦那様」という言い方もありますが、私はここまではていねいにしません。

 

いろいろ書いてきましたが

あくまで私が感じているイメージ…なので

周りの人が言い方についてどう思っていようが気にしませんし、周りの人がどう使っていようが気にしません。

 

というわけで完全独り言ブログでした。笑


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ