ランサーズは手数料が高い!事前に確認しておくべきこと3点


ランサーズの手数料は正直にいえば高いです。

 

私もランサーズを始めたころは

報酬からこんなに引かれてる…とがっかりしたものです。

 

ランサーズを利用している人なら

おそらく全員に共通している悩みのはずです。

 

この記事ではランサーズの手数料に関して詳しく書いてみます。

 

ランサーズの手数料が高いなら報酬額を確認

ランサーズは受注者(仕事がほしい人)と

発注者(仕事をやってほしい人)で成り立ちます。

 

 

受注者がもらう報酬額は発注者が決めているわけですが、

ランサーズにはこの報酬額によって手数料を3つに分けています。

 

  • 報酬が20万円超えるなら5%
  • 10万~20万円なら10%
  • 10万円以下なら20%

 

それなので、たとえば1万円の報酬額の仕事をおこなった場合、2,000円分は手数料として引かれます。

 

つまり私がもらえるのは8,000円。

 

1つの案件が10万円以下という仕事は非常に多いですし、

私がランサーズでお仕事していたライターの案件は基本的に10万円以下でした。

 

5,000円の報酬額の仕事なら

4,000円になってしまいますし、

2,000円の報酬額なら1,600円になってしまうわけです。

 

 

私は1つの報酬額が高い仕事を行っていたわけでなく、

いろいろなクライアントと次々に取引をしていたので、これはかなり損した働き方になります。

 

それぞれの報酬額からきっちり20%が引かれるので、合計するとかなりの金額の手数料だったと思います。

 

 

ランサーズの手数料が高いなら税別なのかを確認

私がもうひとつ悩んだポイントは税金です。

 

ランサーズの手数料はさきほどのとおりですが

その報酬額は税込の場合。

 

 

丁寧なクライアントだと、

案件によって【手数料込・税別】と書いてくれています。

 

これが意味しているのは

報酬にはランサーズの手数料は含まれていて税別ですということ。

税別とあれば、報酬額とは別に加算されます。

 

 

税別ならいいのですが、

税込という案件はとても多いです。

 

報酬額が大きくなってくると、税金分もばかにならない金額になってきます。

 

 

たとえば【手数料込・税込】で、報酬額が1万円の案件。

私がじっさいに得られる金額は以下のとおりですが、

 

10,000円ー20%=8,000円

 

もしこれが【手数料込・税別】となると、

8,000円+税=8,640円

 

 

つまり、640円の税金分も合計して振り込まれます。

 

 

報酬額が5万円の案件となると、

50,000円ー20%=40,000円

40,000円+税=43,200円

 

税金分が含まれているのか・それとも別なのかは、報酬額が大きいほど差が出てきます。

 

 

ランサーズの手数料が高いなら振込先を確認

さて、ここまでランサーズの手数料についてみてきましたが、

最後のポイントは振込手数料です。

 

これはクラウドワークスでもそうですが

 

報酬の振込先が

楽天銀行なら100円

それ以外なら500円かかります。

 

 

毎月報酬を振り込んでほしい人の場合、毎月500円が引かれたら1年間で6,000円にもなります。

 

楽天銀行の口座を持っておらず

とりあえず違う口座を登録しておいた、という人はぜひ楽天銀行口座を作りましょう。

 

毎回500円も振込手数料がとられるのはバカバカしいです。

 

 

また、もうひとつ注意点。

 

もし登録している口座に間違いがあった場合、組戻手数料648円がかかります。

口座の登録は誤りのないよう正確に行いましょう。


カテゴリ:Lancersのこと 

管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ