ハンドメイドの販売サイトだけでなく、自分のサイトを作るメリット


 

私がハンドメイドをしていた頃、

販売していたのは大手の販売サイトだけではありませんでした。

 

けっこう初期段階から

自分のサイトを作っていました。

 

ハンドメイド一本でやっていきたい人は

自分のネットショップを作っておくのがおすすめです。

 

今回は、私が自分のネットショップを作っていたことについて書きます。

 

 

ハンドメイドが売れる大手販売サイトは良い点もあれば悪い点もある

大手販売サイトの中で

私が利用していたのはクリーマ(Creema)だけだったのですが、

 

ハンドメイドの作品を売るには

たくさんの販売サイトがあって特徴もさまざまです。

 

たとえばミンネ(minne)もそうですし、テトテ(tetote)やイイチ(iichi)なんてのもあります。

 

 

クリーマとミンネが

この中では圧倒的な利用者数ではないかと思います。

 

 

こういった販売サイトを使うメリットはたくさんあります。

 

 

すでに圧倒的な利用者がいるので

ビジネスの中でも難しい「集客」といわれる部分はクリアされていること。

 

販売サイトを見に来てくれる利用者はたくさんいるわけですから

あとはこのような人たちの目に留まり、買ってもらえればOKということです。

 

 

また、私が利用していたクリーマでは

クリーマ側で今注目の作家さんや注目作品をピックアップして、利用者にメール配信していました。

 

こういった機会があるため

全く無名で新人作家でも、

このピックアップの中に入れば「注目されるチャンス」はあります。

 

 

ただし、販売サイトを通して売るにはデメリットもあり、私が感じたのは次の5つ。

 

  • 商品が埋もれてしまう
  • 販売手数料がかかる
  • 人気の作家の作品に集中する
  • 同じような作品がたくさんある
  • 自分のページにオリジナリティを出しにくい

 

販売サイトは利用者も圧倒的に多いですが、作家もかなり多いです。

 

作品数もかなり多いので、

たとえば「天然石」の「ピアス」という2つの条件で検索しても

かなりの作品が表示されるわけです。

 

その中から自分の作品が目に留まったとしても、そこから買ってもらえるかどうかはなかなか厳しい。

 

 

しかも人気の作家さんも多いので、

同じようなデザインの天然石のピアスがあるとして

 

販売実績が多い作品と、

1つも販売実績がない作品とがならんでいた場合、

買い手としては販売実績が多い作品のほうを買いたくなるものです。

 

あとは、サイトの利用や登録は無料だとしても、1つ販売するごとに手数料がかかります。

 

ちょっと忘れてしまったのですが

10%くらいとられていた気がします。

 

たとえば2,000円のピアスが1つ売れても、200円は手数料となってしまいます。

 

販売数が多くなってくると

もっていかれてしまう手数料も多くなります。

 

 

また、販売サイトというのは

もともとコンセプトや雰囲気が固定されているベースのウェブサイトがあって、

そこの中で自分の販売ページを作るので

 

作品や自己紹介文以外の部分で差別化をしたいとき、けっこう難しくなってきます。

 

 

自分のサイトを作るといろいろなメリットがある

私は上の5つのような理由から

かなり早い段階で自分のネットショップを作っていました。

 

ネットショップは作りたいものの、ウェブサイトをイチから作り上げるような知識は無かったので

 

いろいろと調べた結果、

カラーミーショップを利用することにしました。

 

 

カラーミーショップを選んだ理由は

初期費用をかなりおさえて自分のネットショップが作れるからです。

 

テンプレートなども選べるので

本当に簡単に「それなりに見える」ネットショップができあがります。

 

カラーミーショップ独自の集客システムをはじめ、さまざまな便利機能がありながら

どれだけ売れたとしても手数料0円。

 

これはすごくありがたいことです。

 

 

同じようなサービスにBASEというのがありますが、こちらもけっこう似てますね。

 

 

自分の作品を本格的にブランディングしたい人はもちろんですが、

 

クリーマやミンネなどで

たくさん顧客がついてきた人は、

長期的な目でみてこういった自分のネットショップを作っておくことをおすすめしますよ。


カテゴリ:ハンドメイドのこと 

管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ