ママ友との時間は人生で必要なのかについての結論


私には、いわゆる「ママ友」がいません。

 

現在住んでいる東京だけでなく、

私の地元にもママ友として付き合っている人はいません。

 

友達関係の中にママ友というカテゴリーがない。

 

というか、「ママ友」という言葉にそもそも違和感を感じているくらいです。

 

私が考える「ママ友」コミュニケーションについて書いてみようかと思います。

 

そもそも何で「ママ友」?

そもそもの話。

 

ママ友ってなにをしているのでしょうか。ママ同士の特別な話とか?

 

「ママ同士、仲良くしよう」

「ママ同士、色々と情報交換しよう」

「ママ同士、定期的に会おう」

「今度、お互いの子どもも一緒に会おう」

「子供も一緒にランチしよう」

 

 

私はこんな感じで自分から誘ったこともないですし、そう思ったことさえありません。

 

こんなふうな会話をきっかけに

仲良くなった、あるいは仲良くしている人はいません。ゼロ。

 

 

極端かもしれませんが、

「ママ友」という言葉を自分の口から発言しません。笑

 

ママ友、という言葉に違和感を感じますし、ママ友という言葉の響きにゾワゾワします。

 

 

私が普段から仲良くしている友達には子供がいる人もいます。

 

ただ、これらの友達に対して

「ママ友」だと思って接していませんし、むこうもそう思っているでしょう。

 

 

 

ママ友じゃなくて「友達」なんですよね。

 

 

 

ここで私は疑問が浮かびます。ママ友に求めるものって何なのだろうと。

 

 

子供がきっかけで仲良くしているけど、

子供がその場にいないとどんな話になるのだろうと。

 

 

私がイメージしている内容は、

 

旦那さんの愚痴とか

お互いの生活レベルの探り合いとか

相手と比べて安心したいとか

子供の教育話とか

幼稚園(保育園)や学校の話とか…

 

 

いろいろな話題があるのかもしれませんが、そこはやっぱり女同士。

 

 

きっと口には出していなくても

心の中ではあれこれ思っていたり

ついポロっと愚痴が出てしまったり

子供同士を比較してしまったり。

 

こんなことあるかもしれません。

 

 

私は思うんです。

 

こんなことを考えたり比較したりするようなつまらない時間を使うなら、

もっともっと会話するべき相手がいるはずだと。

 

 

夫ともっともっと話すべき

私は普段から愚痴や悪口、

人と比較するような話、ネガティブな発言をあまりしませんし、

 

意識的にしないようにしています。

 

 

自分では基本的にそのような話は「滅多に」しないと思っていますが、

私のことをよく知る夫はどう思っているか分からないので「あまりしない」と書いておきましょう。笑

 

 

私がわざわざ「ママ友」というカテゴリーで友達を分けない理由。

 

 

それは、ママ友とつまらない話をするなら

もっともっと夫と会話するべきだと思うからです。

 

 

 

分からないことは夫と話して解決するほうがよほど建設的。

 

 

子供の教育話や情報交換も

まずは夫と話して方向性を決めたほうが良いと思っています。

 

 

 

私も人間ですし、女ですから

やっぱり心の中では人と比べてしまったりただ単に話を聞いてほしかったりすることもあります。

 

 

ただし、

夫の愚痴を言い合ったり、

その場で結論がでないような子供の話をしたりして

ママ友と呼べる人との時間を共有することや、

 

相手の話を聞いて、ウチは〇〇だと比較してみたり

経済水準を探ってみたり、相手の家の教育スタイルに影響されてみたり。

 

 

こういうのって何も生み出さないし、何も解決しないし、何の糸口も見つからないんじゃないのか。

 

 

愚痴は基本的に吐き出さない主義。

人と比べるのは好きじゃない。

人は人、うちはうち。

女性特有の共感精神が嫌。

女性にありがちな結論のない会話が苦手。

 

 

これ全部私なので、

何か思うことがあるならまず夫と話すべきじゃないか、と思うわけです。

 

 

避けてばかりいられない人とは…

そんなわけで

私の性格的にもママ友がいないですし

作ろうという気なんてサラサラないです。欲しいと思いません。

 

 

上でも少し書いていますが、

女性同士というのは愚痴を言い合ったり無意識に比較し合ったりすることが多いですよね。

 

これだけ偉そうに書いてますが

昔は愚痴をずーっと話したり、他人と比べて喜んだり悲しくなったりすることなんてしょっちゅうでした。

 

 

ただ、ある時から

こういう自分は嫌だ、と変わったんです。

 

 

同じ時間を共有することが多い夫は別としても、

 

普段友達と会っていて、私から友達に愚痴や悪口、ネガティブな話をすることはほとんどありません。

 

 

そういう話というのはある意味いちばん話題になりやすいし、盛り上がりやすい。

 

でも私は思うんです。

 

与えられている時間は平等なのに、愚痴や悪口を話している時も相手の時間を奪っている。と。

 

そんな話のために

相手との時間を作ったわけではない、と思ってしまうんですよね。

 

 

しかも、愚痴や悪口というのは

すればするほど笑顔が消えていきますし、

楽しい気分ではなくなりますし、

くせになってしまうので

同じ相手と次回以降に会うときもそういった話になりやすい傾向にあります。

 

 

 

しかし、例えば夫の親戚や夫の家族、自分の親戚など愚痴が出やすくなる場面はたくさんあります。

 

私も、自分の親など

親戚同士が集まるところなどでは、「この人たち、愚痴ばっかりだな」と思ってしまうことが多い。

 

 

私はそういう場では、口元を少し微笑ませながらもまったく反応しないようにしています。

 

 

ニュートラル状態。

 

 

相手の言葉に賛同して、相手と同じ土俵に立つことだけは避ける。それだけ気をつけてますけどね。

 

 

ただしこれは、相手を軽蔑していたり下に見ていたりするのではなく、

相手の「そういった部分」だけを受け流しているに過ぎません。

 

相手を嫌いになったり避けたりするわけではありません。

 

 

会話の流れからちょっと違う雰囲気を感じ取ったら、あくまで受け流して

ニュートラル状態に入るのがベストです。

 

 

モノの考え方・感じ取り方は十人十色

モノの価値観は十人十色です。

 

つまり、

 

自分の常識は相手の非常識になり得るし、

相手の常識は自分の非常識にもなり得る。

 

 

 

自分の考え方のモノサシは、

相手にとって到底理解できない考え方の場合もあるわけです。

 

 

 

だけれども、

それをいちいち非常識と反応していては、

相手も私もそれまでの器になってしまう、ということです。

 

 

異なる親のもとで育ち、

異なる宗教を信じているということは、

大切に感じるものも違えば、人生の中で「お金をかけたい」と思うものだって違う。

 

 

日本では玄関で靴を脱ぐのが常識ですが

海外では家の中でも靴を履くのが常識だったりしますよね。

 

 

 

私は、ママ友は1人もいないですが、

これからも作ろうと思わないし全く欲しいとも思いません。

 

全く不自由していないですし、

いわゆるママ友コミュニティから取り残されている感もありませんし、

必死に情報を得たいとランチしたりお茶したいとも一切感じないんですよね。

 

 

 

私が人間関係で大事にしているのは

「その人自身を知りたい」という気持ち。

 

「その人そのものに興味がある」ということです。

 

 

この気持ちが、私にとっては

真の友情を作る気持ちを後押ししているような気がします。

 

 

ちなみに、私が普段からよく会う友達は子供がいない人が8割くらいです。

 

 

 

自分の人生の舵取りは自分にしかできません。

 

 

だから、誰よりもまず自分が自分の人生の主役であるかどうか。

 

これがすごく大切だと思っています。

 

 

子供はいずれ巣立っていきますが、夫は死ぬまで一緒です。

 

だったらママ友よりも

まずコミュニケーションを大切すべき相手は、私にとっては間違いなく「夫」。

 

 

私は、夫とは定期的に将来のライフプランを語り合い、将来に対する方向性をすり合わせています。

 

 

そして友達とは、

互いに大切にしている考え方・モノの捉え方を共有し、互いに刺激し合って高め合っています。

 

 

夫の存在も、友達の存在も大切です。

 

もしママ友との関係で悩んでいることがあるとしたら?

そのママ友、本当に人生の中で必要な存在なのか考えてみたらいいと思うんです。

 

悩んでいる時間って本当に無駄なので。

 

私は今後もママ友というカテゴリー分けせず

あくまで友達は友達として大切にしていきます。

 

そこに子供がいるかどうかはその次の話。

 

夫との時間をもっとも大事にしながら、夫も友達も互いに刺激し合える関係を続けたいと思います。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ