友達が減るのって嫌なこと?人を見る目がついてきた証拠だと思う。


学生の頃に友達を作るきっかけとなるものは、共通点が大きな要素だと感じます。

 

例えば同じクラスや、同じ部活。

同じ地域出身、同じ下校ルート。

 

それさえ同じだったら、それが2人の間の大きなきっかけとなる感じでしょうか。

 

でも、思うのは、

共通点だけで簡単に友情が芽生えるなら、共通点がなくなったあとに2人を繋ぐものってなんだろうと。

 

友達が減ることに対して全然ネガティブではない私が、友達が減ることをどう捉えているのか

まとめてみようと思います。

 

友達が減ることに一喜一憂していたときは長かったけど

普段からよく会ったり連絡を取り合ったりする友達の中で、

 

中学・高校から今までずっと続いている友達は1人くらいしかいません。

大学時代の友達も2人ほどです。

 

それ以外の人たちは、私からは特に連絡をとらないですし、向こうからも連絡をしてきません。

でもそれでいいと思っています。

 

 

友達って本当に不思議なのですが

それまでは一緒にいて居心地がいい友達も、あるとき急に合わなくなるものです。

 

 

私は、何で急に居心地の悪さを感じるようになるんだろうと考えてみました。

 

そして出た結論。

 

「私が成長しているから」です。

 

 

自分が成長しているから、

「そのステージ」でぬくぬくしている友達とは合わなくなっただけ。それだけです。

 

 

中学や高校の時はもちろんこんな考え方ではありませんでしたし、私もまだまだ子供でした。

 

それなので、

いきなり仲良しの子が違う子と仲良くし出したりしただけで悲しい気持ちになっていましたし、

まだまだ中身は子供なので物事の視野も狭い。

 

人間関係は人と接することで勉強していくものですし、

友達関係なんて若い頃のときほどいろいろあるものですよね。

 

今は、今の私のステージにもっとも居心地が良い友達と仲良くしています。

 

友達が減ることは、詰まるところ、人を見る目がついてきた証

友達が減ることって、仕方ないと思っています。

 

同じ友達とずっと生涯仲良くい続けるのは、結構ありえない話だと思っています。

 

 

人間はそのステージそのステージで新しい考え方、価値観にふれていくものですし

そういうことを通して磨かれ、さらに成長していくものだと感じます。

 

 

だから、学生の頃からの友達とずっと一緒にいるというのは、

その2人はずっと変わっていないだけ。

 

学生の頃から、感じること、話すこと、好きなこと、嫌なことが全部同じ。

 

もしくは、偶然にもその2人が成長するスピードが同じで

良い意味で同じ階段を登っている可能性もありますね。こっちのほうがはるかに素晴らしい関係です。

 

 

もうこの人とは会わないだろうな、と感じ、自ら離れた友達はたくさんいます。

(絶縁のような意味ではありません。もう自分からは連絡をとらなくなるようなイメージです)

 

これは人によっては冷たいと思うでしょうが、私は「人を見る目がついてきたんだな」と解釈しています。

 

 

私が今、仲良くしている友達は、

バックグラウンドや仕事、住んでいる場所などバラバラですが

なんとなく全員に共通している雰囲気があります。

 

 

だけどこの雰囲気は、自ら離れた過去の友達には無かった要素なんです。

 

これが何かはわざわざ書きませんが、

きっとこれは人を見る目がついてきている証拠だと感じています。

 

 

なんとなく一緒にいるだけの友達が多いよりも、

この人とは一緒にいたい、と思える友達が少数いるほうが、はるかに良い時間が過ごせると感じています。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ