つまんない友達ばかり?だったら最初に自分が変わらないと。


私は、

自分自身の生き方にポリシーを持ち、

 

「自分は自分の人生を生きている」という

意識になってから、

自立している友達ばかりになりました。

 

まずは自分から変わること。

 

これが本当に大切だと思っています。

 

 

友達は、あなたを映す鏡だと

聞いたことはないでしょうか?

 

 

あなたは、

 

どんな友達が周りに多いですか?

友達とどんな会話をしていますか?

どんな言葉を投げかけていますか?

 

どんな未来を思い描いていますか?

 

 

私が現在、どのようにして

友達と関係を築いているのか。

これについてまとめています。

 

 

私は最初ほんとうにクズ女だった

刺激的なタイトルですが(笑)

 

現在とは比較にならないほど、

昔はクズ女だったんですよ、私。

 

どれだけクズで、嫌な女だったのか。

ここで赤裸々に書いていきます。

 

みなさん、「一人っ子」って

どんなイメージを持ちますか?

 

どちらかと言うと、

良いイメージよりも、悪いイメージの方が

あるかもしれませんが。

 

 

私は10代の頃、本当に

悪い一人っ子の典型タイプでした。

 

 

ここで改めて書くのも恥ずかしいですが

・世界は自分中心にまわっている

・言ったことをすぐに変える

・人を平気で待たせる

・イラっとするとすぐ顔にでる

・興味がない話だとそれを態度に出す

 

こんなタイプですね。

 

世の中の一人っ子さん、

誤解のないように言っておきますが、

「私の場合は」です(苦笑)

 

というか、一人っ子っていうのが

あまり関係ない項目もありますが(笑)

 

 

書くと、本当に最低でクズ女ですが

決して大げさに書いているわけでなく

本当のことです。

 

 

基本、人に興味がない。自分が一番。

自分の時間が一番。

欲望のまま。プライドが高い。

 

 

友達がいないわけではなかったのですが

今、当時を思い出すと、

私に合わせてくれるような友達ばかり。

 

面と向かって

「それってどうなの?」と

言ってくる子は全くいませんでした。

 

19歳での衝撃の出会いを経て…

世界は自分中心に動いている。

 

この思考って、

本当に悪い意味で最強ですよね。

ですが、そういう性格の時というのは

本当に自分で気づかないもの。

 

まず、友達になろうとは思わないですし

距離を置きたくなりますよね。

 

クズでわがまま放題の私は、

どんなきっかけで変わったと思いますか?

 

 

 

 

私は、19歳の時に1年間留学しました。

海外で20歳になったわけです。

 

場所はアメリカ。

 

留学先に集まってくる人は、

日本人を含め色々な人がいます。

キャラが濃い、とも言えますね。

 

 

ここでは、

出会ってきた日本人限定で書きますが、

・本気で英語を勉強しに来た人

・なんとなく流されて留学している人

・他の日本人と常に一緒にいる人

・他のアジア人と距離を置いている人

・日本人と徹底的に距離を置いている人

・勉強せず趣味に没頭している人

色々な人がいました。

 

 

そこで私が出会った1人の日本人。

 

その人のタイプは、まさに

日本人と徹底的に距離を置いている人。

 

 

同じ日本人同士ということで

何度か交流の機会はあったのですが

(ばったり道端で会う、など)

 

さらっと挨拶されて終わり。

 

 

日本人がたくさん来そうなパーティや

日本人の誰かが主催している交流の場など

ほぼ来ない。

 

来たとしても、

アメリカ人とばかり話していて

日本人とはしゃべらない。

 

 

それなので、見た目の印象以外に、

どんな性格なのかや家族構成、

どんなことが好きで、趣味は何か等。

まったく話す機会がありませんでした。

 

 

そんな感じでしたが、

数ヶ月経ち、だんだん話すように。

 

アパートメントも近かったので、

ばったり遭遇する機会もあったり、

キャンパス内で偶然会ったり。

 

話してみると、

なんとなく馬が合う。

分かりあえる。

 

この、お互いに醸し出す空気感。

 

パズルのピースがうまくはまるような

互いの何かが合致するような感覚。

 

 

 

 

そうです。

 

 

勘が鋭い方は気付いたことでしょう(笑)

 

 

 

この人が、実は現在の夫です。

 

 

1人の女として扱う以前の問題。

19歳で夫と出会い、

腹を割って話せるような男友達に。

 

 

男友達から彼氏になったのは、

あまりにも一緒にいることが自然だったからです。

 

よく、友達とかに

信じられないと言われるんですが、

 

私が夫と友達だった時期、

「この人ともし付き合ったら、

それはもう結婚するだろうな。」

って思っていました。

 

別に願望であるとか浮かれていたとか

そういうのではなく、

あまりにも私の傍にいるのが

自然な人だったので。

 

そして、夫も、

私と付き合ったら結婚するな、と

思っていたようです。

 

 

そんな感じで、付き合い始めたのですが。

 

 

何を隠そう、私の性格はクズ女。

クズでわがまま放題の私も知った上で、

夫は私と付き合うことになったのです。

 

最初はどんな感じだったのか?

 

1人の女として扱われる前に、

「人として」という部分を

徹底的に矯正されました(苦笑)

 

 

今となっては本当にありがたい話ですが

当時の私は、プライドが高い。

 

もうプライドはズタズタ。

高いプライドが邪魔をしてイライラ。

自分はこんな扱いをされたことない、

こんなこと言われたことない。

 

こんな感じですね。

 

 

友達には、どこか上から目線で、

前の彼氏にも、上から目線で。

私を「楽しませてくれる」から好き。

私に「合わせてくれる」から好きだった。

 

そんな私が出会った夫。

 

夫との出会いはプライドがズタズタに。

 

それと同時に、

自分はぜんぜんすごい女じゃない。

特別な女でも何でもない。

特別な能力も何もない。

 

こんな気持ちに気づかされました。

 

とにかく、こんなに私を

「人として」矯正しようとした人は、

初めてでした。

私たちが出会ったのは

必然だった気がしてなりません(汗)

 

 

だんだんと私の気持ちは変化していき、

 

この人と良い関係を築いていきたい。

魅力的な女性になりたい。

人から愛される女性になりたい。

 

こうなっていきました。

 

思考や性格は必ず変えられる

よく、他人は変えられない。

と言いますよね。

 

それは事実です。

 

 

私が変わったのは、

「自分で気づいたから」です。

 

自分で、自分のクズさや

わがままの部分に対して

「このままではヤバイ」と。

 

 

現在の私はどうなったのか?

 

人の気持ちを考えるようになり、

その人を好きになるようになり、

その人自身に興味をもつようになり、

その人の良いところを探すようになり、

人をほめるようになりました。

 

そして、人からほめられて、

素直に喜べる人になりました。

 

 

私がこう変わったことで、

現在仲良くしている友達も

以前とは違う友達ばかりになりました。

 

 

簡単にいえば、

自分のポリシーを持っている友達に囲まれている感じですね。

 

 

自分の人生に責任をもち、

自分の人生を生きている友達です。

 

流されてるまま、

そこにたどり着いている人はいません。

 

 

なぜその考えに至ったか?

なぜそれをしているのか?

今なにを大切にしているのか?

 

ここに筋が通っているんですよね。

 

 

そして、お金も大事にしているので、

 

お金を稼ぐことや、

貯めることに真剣に向き合っていたり、

投資の勉強や情報を集めて

いろいろとチャレンジしていたり。

 

 

10代の時のままの私が成長していたら

私自身をそのまま判を押したような

友達ばかりだったことでしょう(汗)

 

 

なぜこういう友達ばかりになったのか。

 

それは、自分自身が

自分の人生に責任を持ち、

自分の人生を生きているからです。

 

3歳の子供を持つママ、というだけでなく

自分の人生も真剣に考えているからです。

 

そして、

自分ひとりだけの人生では、

本当につまらないということ。

 

楽しいことも、嬉しいことも、

くやしいことも、得する話も、損する話も

夫を含む「誰か」とシェアするからこそ、

人生は楽しくなることに気付いたので。

 

 

現在、へたすると毎週末

違う友達と会っていることもあります。

 

何時間でも一緒にいたい友達ばかりで、

つい時間を忘れてしまい

夫からアラームを受けることも(笑)

 

 

 

友達には、男も女も関係ありません。

その人が好きだから一緒にいたいので、

男の友達とも2人で会うことは普通です。

 

 

これは夫も同じで、

夫も女の友達と2人で会うことがありますが

全くなにも思いません。

 

実りのある時間になるといいね。

有意義な時間になるといいねと思います。

 

 

ブログタイトルにもありますが、

私は、私と合わない人とは

同じ時間は共有しません。

これは徹底的にそうしています。

 

ただし、

自分が「好き」と感じる人との時間は

徹底的に共有します。

 

 

例えば、

今付き合っている友達とは

違う友達を作りたかったり、

 

尊敬できる友達が欲しかったり、

 

会ってもただ愚痴や世間話だけで

終わるような友達に嫌気がさしていたり

 

会うのが同じ友達ばかりだったり。

 

 

それは、

友達が悪いんじゃないんですよね。

その友達は、

あなたを映す鏡であるとしたら…?

 

 

あなたに引き寄せられる人を変えるなら

まずは自分が変わってみましょう。

 

 

 

周りにベクトルを向けず、

自分自身にベクトルを向ける。

 

これはいつも私が意識していることです。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ