【クラウドワークスで稼ぐコツ】在宅歴2年で月20万の私が紹介


私はクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を使って月20万程度稼いでいます。

 

かつてはなかなか保育園が決まらず、

仕事すること自体を諦めていた時期がありました。

 

突然、保育園からの空きが出たという電話をもらってからは

できれば就職ではなく、何かしらの仕事を「完全在宅」によって叶えたいと強く決心。

 

そこから今までずっと

外に働きに出ることなく完全在宅で月20万を達成できています。

 

 

クラウドワークスで稼ぐコツを私目線でまとめてみる

私はほかの記事でも何回か書いていますが

クラウドワークスの前はランサーズを使っていました。

 

さっき調べてみたのですが、

ランサーズを初めて登録してから現在までで2年ちょっと経過しています。

 

つまり、

私のクラウドソーシング歴は約2年。

 

クラウドワークスにしても

ランサーズにしても

そのほかのクラウドソーシングサイトを利用するにしても

 

 

共通して言えるのは

どれだけ稼げるようになるかは

どれだけ強く「稼ぎたい」という思いがあるかということ。

 

 

私は月20万稼いでいますが

ジャンルは主に記事のライターからはじまり、今は記事の校閲などをしています。

 

ちなみに、

念のため書いておきますが

ライターも校正も校閲もまったくの未経験からのスタートでした。

 

ド素人だった私が月20万を稼いでいることは事実なので、この記事では稼ぐコツをまとめてみます。

 

 

実際に完了する時間に対しての報酬額が高いものを選ぶ

クラウドワークスで仕事を探してみると

あまりにもいろいろな仕事が登録されていることに驚くはずです。

 

私は初めてクラウドワークスを登録した時

かなりいろいろな仕事があったのにびっくりしたのを覚えています。

 

 

クラウドワークスには、

 

  • タスク
  • 固定報酬制
  • 時間単価制

 

という3つの仕事があります。

 

この中の【タスク】という部類の仕事はほとんどが稼げません。

 

簡単に仕事を完了できるので、サクッと終わるものが多いのですが、

具体的に「作業目安時間」の部分と、「〇〇円/件」のところをみてみてください。

 

たとえば3分でいくら、

10分でいくらなどと書いてありますので、それを1時間あたりの時給にしてみて

いくらくらいの価値があるのか計算してみるといいです。

 

時給換算すると

あまりの報酬額の低さに驚くはずです。

 

 

タスクはとても短い時間で完了できる仕事ですが、かなり報酬額が低いのでおすすめしません。

 

 

私がおすすめするクラウドワークスでの仕事の進め方は、

最初から固定報酬制の仕事をし、最終的には時間単価制の仕事をしていくことです。

 

もしくは、仕事のジャンルよって時間単価制があまりないような場合、固定報酬制を続けてもいいでしょう。

 

 

タスクは時間のわりに稼げないので、最初からタスク案件は無視してもいいと思います。

 

 

ある程度の実績がついてきたら時給制の仕事にチャレンジする

クラウドワークスに登録したあとは

良い評価を稼ぐために固定報酬制の仕事をいくつか行いました。

 

しかしその後は

ずっと時間単価制の仕事しかしていません。

 

 

時間単価制というのは「時給〇〇円で仕事をする」ということ。

 

 

固定報酬制は

報酬額だけみれば高く感じるものも多いのですが、

 

実際に時給換算してみると

意外と1時間あたり1,000円に満たなかったり、労力のわりには報酬が低めだったりすることがあります。

 

 

私は現在、ライターさんが書いた

記事の校閲や校正の仕事をしているのですが、

 

以前は自分自身もライターとしてかなりたくさん記事を書いていました。

 

 

記事を書いてみると分かるのですが

1本あたり満足いくまで自分で修正しながら仕上げていくと、それなりに時間がかかります。

 

 

自分の名前で仕事している以上

適当な記事は書きたくないですし、

クラウドワークスの自分のページ上に微妙な評価を重ねたくない。

 

それなので

固定報酬制ではなく時間単価制の仕事のやり方にシフトチェンジし、

稼働した時間はしっかりと報酬がもらえる状況にしました。

 

人によって固定報酬制のほうが合っている場合もあると思いますので、

これは両方経験してみてもいいかもしれません。

 

あとは仕事の内容にもよると思います。

 

 

単発で終わりそうな仕事ではなく長期的な案件を契約する

仕事を探すときのコツとして、

完全に単発で終わりそうな仕事と、継続していきそうな仕事とがあります。

 

たとえ単発の仕事で報酬が高いものがあったとしても、

 

単発はそれが終わってしまうと

新たに契約する仕事を探さなくてはなりません。

 

 

クラウドワークスだけでなく

クラウドソーシングの仕事というのは

その仕事をやりたいと思っても、人気が高い案件の場合は何人ものランサーが応募します。

 

何人もの応募の中から

クライアントさんが選考し、最終的に「この人にお願いしたい」と結論がでるまで時間がかかってしまうのです。

 

たくさんある仕事のなかから

応募する仕事を選ぶ時間もかかりますし

 

応募したあともクライアントさんが選考するまで時間がかかりますし

 

仮に応募した仕事に落ちた場合、

またこの作業を繰り返す時間がかかるわけです。

 

選考の結果を待っていたら

1週間なんてすぐに過ぎていきます。

 

 

それなので、いくら報酬が高くても

単発の仕事を繰り返すのはおすすめできません。

 

 

ここで、ちょっとした小話を。

 

私は以前、ある期間だけ

お取引させて頂いていたクライアントさんがいます。

 

このクライアントさんとは

お取引は終了していているものの、

何かと「小林さんにお願いしたいんですが…」といろいろな仕事を紹介してくれます。

 

信頼しているクライアントさんなので

できるだけ紹介してくれた仕事を優先してやるようにしています。

 

 

一度取引し、私の能力を買ってくれていて

私もそのクライアントさんの人柄や、発注の仕方に信頼を置いている。

 

出会い系アプリやお見合いのように

「この人がいい」という「マッチング」しているような感覚と似ているのですが

 

お互いに求めているものが合致している場合、

けっこう長い関係になることが多いと思っています。

 

 

これはランサーズの時にも経験があり

一度お取引は終わっていても、あとからまた連絡をくれるクライアントさんもいます。

 

お取引は終わっても

このように続いていく関係もあります。

このような関係が築けているとだんだん気持ちにゆとりが出てくるようになりますよ。


カテゴリ:CrowdWorksのこと 

管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ