クラウドソーシングは単なる「副業」としての立ち位置を超えるはず


私も登録してやっているクラウドソーシングなのですが、

 

その実態をぼんやり知っているだけだと

「クラウドソーシング=副業」

というイメージが大きいかもしれません。

 

メインの仕事があって

副業として稼ぎたい人が使うツール、みたいな感じですね。

 

そんなクラウドソーシングですが

最近、私はちょっと考えていたことがあります。

 

私のような個人だけでなく、

企業もクラウドソーシングをうまく使うことで

大きく業績を飛躍させていくことにつながるような気がしているのですが、

このことをちょっと書いてみます。

 

 

クラウドソーシングを単なる「副業」ツールと思ったら大間違い

ランサーズとかクラウドワークスのような

クラウドソーシングを登録してみると分かりますが、

 

簡単な仕事から専門知識が必要な仕事まで

あらゆる仕事が登録されています。登録ジャンルも幅広いので、眺めているだけでも驚くはず。

 

 

そして、クラウドワークスを例に出すと

 

クラウドワークスには

  • プロクラウドワーカー
  • TOPプロクラウドワーカー

という、クラウドワークスの中でも上位に入る人たちがいます。

(※ちなみに私は一応プロクラウドワーカーになっています)

 

クラウドワークス側から認定されるには

たくさんの基準があり、これらがすべて合格しないとならないわけですが、

 

 

私のような「コツコツ実績をあげて認定されている人」もたくさんいるでしょうが、

 

「もとから特定ジャンルの高いスキルがあって、特定ジャンルの企業から重宝されている人」もいるんです。

 

つまり、素人から実績をあげて

それなりに評価がたまっていった人ではなく、

 

個人の評価がゼロでも、

そのベースのスキルや知識、

経験だけで、クライアントから発注をどんどん受けられるような人ですね。

 

 

そして、このような人たちの場合、

言ってみればプロ・オブ・プロなので

クラウドソーシング上でやりとりされる報酬額も高いのではないか、と思っています。

 

 

何が言いたかったかというと、

このように特定分野のプロとして認定されている人というのは

クラウドソーシング上にたくさんいる、ということ。

 

そして、

 

ある特定分野の知識が足りない

だけど面談・採用するほど時間がない

いちから採用できるほど予算がない

今回限りの発注なので正社員は要らない

 

…みたいな企業の場合、

ここで活躍していくるのがクラウドソーシングで活躍しているプロ達なわけです。

 

 

企業がクラウドソーシングを利用するメリットはたくさんある

私はクラウドワークスというサイトを使って

現在も活動しているわけなのですが、

 

私は素人からスタートして

経験をコツコツ重ねていって現在の位置にいます。

 

最初からプロではなかったわけです。

 

 

しかし、中には、企業にとって

喉から手が出るほどほしい知識や経験をもっているプロもたくさんいます。

 

 

会社でこのような人を雇う場合、

毎月の給与を支払う必要がありますし、

もしかするとほかの社員に比べて

その高い専門性や知識・経験から

さらに高い給与を支払う必要も出てくるかもしれません。

 

そして、スピード感を大事にしている企業の場合、

履歴書や職務経歴書を書いてもらい、

フェイス・トゥー・フェイスで面接を行うようなことをしている間に

 

スピード感のあるほかの企業に先を越されることもあるでしょう。

 

 

ではどうしたらいいか?

 

はい、そうです。

ここで活躍間違いなしなのがクラウドソーシングに登録しているプロ達なわけです。

(私はクラウドソーシングの回し者ではありません)

 

 

 

企業が1人を雇うには

かなりの経費と手間、時間がかかりますよね。

 

クラウドソーシングだったら

面接いらない、履歴書いらない、

そして時間もいりません。

 

 

契約書を結んで「雇う」わけではないのでリスクも低く、

合わないとおもえば取引終了すればいいですし。

 

予算も双方で決められるので、

ムダに高額な費用を払う必要もないですしね。

 

 

本来人事にかけるべき予算や時間、手間を

会社のほかの部分にあてることで

より会社のムダな予算、時間を減らすことにつながる。

 

 

…なんてことを考えていたら

こんな記事が誕生した次第です。笑


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ