クラウドソーシングで月3万円稼ぐということを最初の目的にする理由


 

前回の記事にて、クラウドソーシングサイトに登録した経緯を書きました。

そこでも書きましたが、肝心なのは仕事の実績を作ること。

 

今回はそれを書いていきたいと思います。

 

経験・知識無しでライターを始める

私は当初、ライターとして稼ぐと決めていました。

 

ただ、記事を書くことに関する資格や知識、経験無し。

真っ新な状態からスタートして、どうやって稼いでいけるようになるのか。

実際に私もスタートした当初はそう感じました。

 

 

クラウドソーシングサイトは、

 

その名の通り、仕事を発注したい人と、仕事を受注したい人を

マッチングするような役割があります。

 

そのため、どのクラウドソーシングサイトを使うのかによりますが、

私が最初に登録したLancersでは、

トップページ上部に「仕事を探す」「ランサーを探す」というボタンがあります。

 

ランサーというのはフリーランサーのことで、

普段は会社員だが副業として仕事をしている人、

主婦業の傍らお小遣い稼ぎをしている人、

特定の曜日・特定の時間だけ活動をしている人、

個人事業主として一定時間を全てフリーの仕事に充ててている人、など

さまざまなパターンの人が含まれています。

 

私は仕事をしたい(受注したい)わけなので、

「ランサーを探す」ボタンは一回も活用したことがありません。

 

「良い」評価を増やしていくまで

「仕事を探す」にて、案件の一覧を見ていくわけですが、

コツは「高い報酬額の案件ばかり見ないこと」です。

 

私は案件を探す際、最初の段階では、

・初心者歓迎であること

・成果物に対してフィードバックがもらえること

・仕事内容の詳細がキチンと書かれていること

・クライアント(発注者)の情報

この4点を重視していた気がします。

 

 

ただし、経験を積んできて、

ある程度自分の仕事に誇りが持てるようになったら、

もちろんそういった探し方はしなくなるはずです。

 

例えば、

・自分の時間単価を考えたときに、報酬額が高いのか低いのか

・自分のスキルを考えたときに、報酬の交渉はできるかどうか

・クライアントは返事をまめにする人かどうか

・クライアントのコミュニケーションスキル

・その仕事がどの位の長さで続くのか、など

私の場合は、ですが(笑)

 

 

話を戻すと、最初の段階で重視していた4点によって、

明らかに仕事内容に対して報酬額が低いと感じても、

作業をしてみたら想像以上に時間がかかっても、

クライアントが提示してきたマニュアルや指示が多く、大変だったとしても、

 

 

とにかく1つ1つ、ていねいに作業しました。

 

 

こっちは実績ゼロの初心者。

初心者の私なのに、信頼し、お金を払おうとしてくれている。

 

この気持ちを常に持っていました。

 

 

すると次第に「良い」評価は増えていきました。

これは本当にありがたかったです。

スタートした当初、私を信頼してくれ、

仕事をさせてくれたクライアントには本当に今でも感謝しています。

 

たとえ、それがすぐに終わる仕事だったとしても。

 

実績を作るために大切な心がけ

仕事の実績を作るのに、

・おごりの気持ち

・自慢

・誇張

・指示待ちの姿勢

・塩対応 笑

これらは、持たないほうがいいと思います。

 

塩対応というのは、まぁ今どきの言葉ににしてみたのですが、

要は、メッセージのやりとりで返事を一言だけにしたり、

たまに返事をしなかったり、クライアントが不安に感じる要素を作ることですね。

 

・謙虚な気持ち

・仕事内容を自分から理解しようとする姿勢

・迅速な返事

・ていねいな返事

 

当たり前かもしれないですが(笑)

こういったことが、クラウドソーシングで実績を作る上では大事です。

クラウドソーシングは、

面と向かって打ち合わせや会議はしないですし、

下手したらお互いに顔さえわかりません。

 

 

文章や、やりとりの姿勢で、

相手は自分を評価し、私も相手を評価します。

 

 

たったそれだけで「印象」が決まるのが

クラウドソーシングで仕事をする際に覚えておくことだと思います。

 

3万円は最初に乗り越えるべき壁

タイトルにある、

「月3万稼ぐということを最初の目的にする理由」

これは、クラウドソーシングで月3万稼げるというのが

一種のボーダーラインのような気がしているからです。

 

1万円だと、案件によってはすぐに達成してしまうことがありますが、

私みたいに、記事執筆(ライター)として、

資格・知識・経験無しからスタートしたような人は、

記事執筆の案件プラス他の案件をいくつか行ってみて、

ようやく3万円がみえてくるはずです。

 

 

3万円稼げたら、5万円。

5万円稼げたら、8万円を目標にすると良いと思います。

 

実績が増えてくると、自然と相手の方から仕事依頼されるようになります。

それまでは、とにかく謙虚に1つ1つ仕事をする姿勢を持ち続けることが大切です。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ