私が最初に登録したクラウドソーシングサイトは「ランサーズ」


クラウドソーシングという働き方も、

そこまでマイナーでは無くなってきたのではないでしょうか。

 

私自身、出産してから、

子供が昼寝をする時間・夜寝た後の時間・ふと自分の時間があまったときに

「何かこの時間、稼げないかな」と感じたことがありました。

 

 

 

話が変わりますが、

東京で子育てしていて、真っ先に感じたのは待機児童問題。

 

保育園に入れたくても入れられない。

職場復帰したくても預け先が決まらなくて退職。

出産を機に就職したいのに、保育園が決まってないから内定がもらえない。

認可・認可外関係なく、どこも数十人待ち。

 

こんなママ、周りにいるかもしれませんね。

もちろん、あなた自身もそうかもしれません。

 

 

 

私も「そんなママ」の一人。

 

 

 

私の場合、妊娠後期に前職を退職していたので

「出産を機に就職したいけど、預け先が決まらなくてどうにもできない」

というパターンでした。

 

 

手っ取り早くお金を得るには、就職することが一番だと思っていたし、

就職することが、稼ぐことに対して一番簡単な方法だとも思っていた。

※語弊がないように補足すると、起業したり投資したりすることに比べて。ってことです。

 

そのため、就職できない=お金を稼ぐ手段が全くない

という方程式になっていました。

 

そんな中、

夫がすごく軽い趣味程度に登録していた、

クラウドソーシングサイトが気になりだしました。

 

しかも、状況を確認してみたところ、記事を書いて小銭を稼いでいる様子。

 

執筆経験が無い夫が、書くことで稼いでいるなら

私も絶対にできるはず。

さらに、私が始めたら、実質的には多忙な夫よりも時間が作れる(はず)なので

夫よりも稼げる額は増えるはず。

 

やってみない手はない。と決心し、即登録(笑)

 

 

 

ちなみに、私が最初に登録したクラウドソーシングサイトは「Lancers」でした。

夫もLancersに登録していたのが理由。

 

 

Lancersの登録は簡単で、職務経歴やスキル面の登録で少し時間がかかった程。

ただ、この経歴やスキルはアピールポイントになるので、

できるだけ書いておくことがおすすめです。

 

 

フリーランスの世界は、引っ込み思案はマイナス。

 

 

どれだけアピールできるか。

どれだけ自分を売り込めるかがカギだと思っています。

 

もちろん、

全く経験がないことを「できます」と言ってしまうのは真っ赤な嘘。

 

ただし、

 

現段階で興味があること、

これから勉強して見つけようとしていること、

職務経歴から感じてきたこと、

自分の中で大切にしている仕事の姿勢、など。

 

このような内容をしっかりと記載するのはアピールする上で大切です。

 

 

ある程度の社会経験をしてきた人であれば、

引っ込み思案はマイナスでしかなく、

自分を売り込むことはトクになるということを身をもって分かっているはず。

 

 

私も、8年程度の社会人経験から、

自分を売り込む術を知っていたので(笑)

とにかくアピールになることは、しっかりとプロフィールにてまとめました。

 

どんな書き方をするかは、人それぞれ個性を出す部分なので

ここでは私の書き方は紹介しません。

 

ただ、Lancersであれば、

「認定ランサー」という制度があるので、

認定ランサーとして認められている人のページをいくつか見てみて

研究してみるのも手です。

 

 

プロフィールが完璧に書けても、

肝心なのは、どれだけ仕事の実績が作れるかです。

それについては、次回書きますね。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ