子供がインフルエンザになった時、今の働き方のありがたみを感じた。


2019年2月に、娘が初めてインフルエンザに感染しました。

 

私も夫も、人生で一度も

インフルエンザに罹ったことがなく

身近な人がインフルエンザになっている、という状況がかなりレア。

 

 

あんなに高熱が出るとは。

 

けっこうビックリしました。

ちなみに娘はインフルエンザA型でした。

 

 

そして。

 

娘のインフルエンザの時に、

私は「完全在宅」で仕事しているこの状況に非常にありがたみを感じました。

 

あまりにも精神的ストレスが

なかったので、そのことを(わざわざ)書いておこうかと。笑

 

 

このブログを読んでいる人の中には

お子さんがいるママさんも多いでしょうが、

 

インフルエンザになると

かなり長い期間を自宅で過ごさせなくてはいけないですよね。

 

 

娘の場合は保育園に行っているので

解熱後もさらに3日間は休まなくてはならないようです。

 

(自宅のカレンダーに〇をつけて分かりやすくしてます)

 

2019年2月のカレンダーですが、

スケジュールからいうと、

 

19日にぐんぐん高熱になってきて(この日が「発症」となる)、

20日に病院へ行き、21日には解熱。

保育園に行ったのは27日でした。

 

今は、発症してから5日間+解熱してから3日は休む必要があるようなので、

ほとんど1週間は自宅でずっと娘と2人。

 

※ちなみに解熱後3日というのは幼児のみ。

それ以外の人は2日で大丈夫です。

 

 

 

タミフルのドライシロップで

すぐに解熱はしたものの、外出せずずっと自宅にいたので

パソコンさえあれば仕事ができるこの状況にかなりありがたみを感じました。

 

 

 

もしこれが会社員だったら?

もし有給があまり残っていない中だったら?

 

 

こんなことを考えながら、

いつでも休めて

いつでも仕事できて

どこでも仕事できて

自宅で子供を看病しつつ仕事できて

自宅に子供がいても問題ないこの状況が非常にありがたく感じた、という話でした。

 

 

会社員で間もない頃なんて

有給が最初につくのも半年後ですし

入社から半年間、子供が突発的な病気をしないとは限らない。

 

 

しかも半年経っても有給は10日間なので

子供の病気のためにとっておこう、となると

私の場合は家族で旅行とか実家の帰省とかもちょっと躊躇します。

 

 

今回、娘のインフルエンザを経験し

(19日から休んだので)平日6日間休みました。

 

私たち夫婦は、

娘を病院に連れていくのは

自宅で仕事している私の役目。

 

それなので、病院にサッと連れていけて

「今日はやめよう」と思えばすぐに仕事が休める。

 

 

ちょっと進めよう、となったら夜中にも仕事できる。

 

 

個人事業主やフリーランスは

メリット、デメリット両方ありますが

子持ちママさんの場合の最大のメリットはこういうところじゃないでしょうか。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ