スーパーはベビーカーがおすすめだけど、私は抱っこ紐ばかりだった


私は都内で子育てしているのですが、

車はもってないですし、普段は地下鉄が主な移動手段です。

 

それなので、

子供が小さい頃の食料品の買い物は本当にたいへんだった記憶があります。

 

子供を連れてどこかに出かける時、

抱っこ紐かベビーカーになるかと思うのですが、私は断然抱っこ紐派でした。

 

ということで、

都内で子育てしている私がなぜ抱っこ紐ばかりだったのかまとめてみます。

 

 

ベビーカーだと狭いスーパーの中を動き回るのが大変

やはり何といってもコレです。

 

 

私たち家族が今住んでいるマンションの近くには、スーパーが3つあります。

 

この3つを使い分けているのですが、

すべてのお店に共通しているのは「店内の通路が狭い」こと。

 

狭い土地に店やらマンションやらが密集している都内なので仕方ないのですが、

 

それが店内の通路がゆったりしていない原因になっています。

 

 

通路が狭いと、

すぐそこにある商品を取りたい!となっても

ベビーカーに小回りをきかせて取らなければなりません。

 

混雑している店内だと大変です。

 

 

それでもベビーカーで買い物をしているママさんをたくさん見ますが、

やはり大変そうです。

 

 

それに加え、この3店舗でベビーカーを大変にしている原因。

 

それは「カゴ」。

 

店内専用のショッピングバックがあるようなスーパーなら話は別でしょうが、

よくあるカゴに商品を入れていくお店の場合、このカゴは基本的に手持ち。

 

つまり、片手でベビーカーを押し、

片手でカゴを持たなくてはならない。

 

私はこの不自由さがイヤなので、抱っこ紐ばかり選択していました。

 

 

ベビーカーよりも抱っこ紐のほうが階段でサクサク行ける

買い物に近所のスーパーというのはいつものことですが、

 

たまに駅の近くにあるような

大型のスーパーやデパ地下に行くことがあります。

 

 

こういう場合、

ベビーカーを押していくと、

階を移動したいときエレベーターを使う必要がある。

 

エレベーターがたくさんあるようなお店ならいいですが、

この店舗の規模なのに1つだけ?

みたいなお店もあります。そうすると待てど暮らせどなかなかエレベーターが来ない。

 

 

エスカレーターでベビーカーをむりやり乗せている人をたまに見かけますが、

あれダメですからね。

 

もし手を滑らせてしまったら、

子供も危ないですし、ほかのエスカレーター利用者も危ないです。

 

 

そうなると、

動きやすさとか自分の小回りのよさばかり優先してしまって

やっぱり抱っこ紐ばかりでした。

 

抱っこ紐で大型店舗やデパ地下の日は、もうそれだけを目的にして外出準備をしていました。

 

抱っこ紐で抱っこし、バックも小さめ。

そして買ったものを両手に下げて帰宅、というのが私のやり方でした。

 

 

ベビーカーを使ってスーパーに行くにはメリットもある!

でも、ベビーカーでの買い物はなんだかんだ言っても便利です。

 

店内で動きにくくても、

やはり買ったものをベビーカーに下げることができる。

 

 

持って帰ると考えると

醤油とか味噌とか牛乳とか、重さがあるものはどうしても買うのを考えてしまいます。

 

でもベビーカーならどれだけ買っても

ベビーカーが持ってくれるから大丈夫なのです。

 

 

あとは、子供を抱っこして買ったものを手持ちして帰宅する…となると体の負担は大きい。

 

足とか腰とか、本当に疲れます。

 

 

それなので、スーパーの店内で多少動きにくくても

できるだけ体力を使いたくないならベビーカーがおすすめです。

 

そして、ベビーカーのときは

混むような時間帯を避けるのも◎。

通路が狭くても混雑していなければゆったりした気持ちでいられます。

 

でも、私みたいに

疲れてもいいからサクサク動き回ってサッサと帰りたい、みたいな人は抱っこ紐がおすすめです~。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ