親世代とかは転職にマイナスなイメージを持っているようだけど

私は転職を3回したことがあるので、合計4つの会社を経験しています。

 

最初から2回までの転職では

私は実家にいたので、実家で転職活動をしていたのですが

 

転職をしたいと思っている

新しい会社の面接を受ける

新しい会社が受かった

新しい会社は〇月から出勤、など

こういった細かい動きをいっさい親に言っていませんでした。

 

なぜか?絶対に反対されるからです。

 

 

親世代は転職することをネガティブに捉えるけど…

私の親だけに限らず

世の中には転職することをどこかネガティブに捉える人が多くいます。

 

 

自分の親に対しては

いろいろと聞く前からどんな回答がくるか予想できる、という人も多いでしょう。

 

私にとっては親はそういう存在。

 

転職に関しても

だいたい何を言われるのか想像できるので、

あえて聞かない・相談しないことが非常に多かったです。

 

 

私は地元の会社で長く勤めていたので

実家歴が長く、26歳を過ぎるころまで実家にお世話になっていました。

 

 

最初に勤めた会社は、地元では誰もが知っているような企業。

 

名前の知名度は抜群の会社でした。

 

 

しかし会社の内部というのは、

どれだけネームバリューが高い会社だとしても知られていません。

 

昔から地域に根付いてきた会社だっただけに、社内ルールなどで昔からの名残りが多く

私からしたら「え?」と思うものも多く。

 

そこそこ大きな会社だったため、

上司に希望や意見を伝えても、すんなり通るほどの風通しの良さはない。

 

 

辞めることを決めても親には一切相談しませんでした。

 

なぜかというと、私の親は企業のネームバリューや規模で会社を判断する人だったから。

 

回答が100%予想できるのに

わざわざ相談する必要なんてないし、そもそもそれは相談とは言わない。

 

ということで一切相談しませんでした。

 

 

そして事後報告。〇月〇日で辞めるからと。

案の定、転職を否定するようなことを言われました。

 

まだ3年も勤めてないじゃないか。

転職を甘く考えているんじゃないか。

次の会社が決まってない?なんだそれは。

 

などなど。事後報告だっただけに親としても悔しい気持ちがあったようで、

本当にいつも事後報告だよね、と言われたものです。笑

 

 

これからの時代は優秀だからこそ転職するのが一般的になるはず

ひと昔前ならば、

1つの企業に勤めあげるのが、ある意味では「美徳」のような感じだったのかもしれません。

 

企業側も終身雇用というふうにしていましたし。

 

退職金制度がある会社も、今の時代に比べると多かったですよね。

 

そこに日本人らしさというか我慢強さというかサムライ精神というか、

先輩・後輩の風潮も相まって、とにかく会社に忠誠心を誓うような感じなのかもしれません。

 

 

こういう時代を生きてきた親世代だからなのか?こういう時代を知っているからなのか?

 

この当時の考え方から変わっていないわけです。

 

 

会社に対するイメージが当時のまま。

ガラパゴス諸島なんです。

 

 

ゆえに、転職に対しても圧倒的なネガティブ思考。

 

なんでわざわざ大きな企業を捨ててほかの仕事を探すの?という思考になる。

転職先の会社のレベルを、以前の会社のレベルと比べはじめる。

 

 

私も私で、成人しているのに

ぬくぬくといつまでも実家にいることもちょっと問題なのですが、

20歳を超えた大人にたいして親が「あの会社はこうだ」「この業界はこうだ」とか

 

言うのってどうなのか?と思うわけです。

 

 

これからの時代はもっと転職に対してオープンになるはずですし、

私の友達もそうですが、優秀な人材はどんどんヘッドハンティングされて違う会社に行っています。

 

優秀だからこそ必然的に転職をする。

 

これがもっともっと普通になっていくと思っています。

 

 

時代の流れとともに就職の形も変わるので

(ユーチューバーなんて職業が出てきたくらいですし)

 

私も、子供が働くときに

「私が就職したころは〇〇だった」とか「そんな業界は××だ」とか

 

口出ししないような親でいたいですし

 

時代がめまぐるしく変わりすぎて、

AIがどんどん日常的に浸透してきて、果たしてどういう状況になっているのか

想像ができずに恐ろしささえ感じています。笑


今振り返ると私は相当ブラックな職場でサービス業をしていた

私は会社員時代、

転職を何回か繰り返したことがあります。

 

相手にする客の性質はかなり違うものの、すべてサービス業でした。

 

その中でも

今振り返ってみて「あれは相当ブラック職場だった」と感じる、

 

ウエディングプランナーについて書きたいと思います。

 

 

ウエディングプランナーはブラックな条件が揃いまくりのサービス業

私が地方でウエディングプランナーをしていた頃というのは、

 

現代の「ブラックな職場環境」という基準に当てはめてみても

 

あの職場環境は「ブラックの極み」とさえ思えるほど、今思い出してもブラックな条件が揃っていると思います。

 

思い出せる範囲で挙げると以下のとおり。

 

  • 労働時間が長い
  • 残業がつかない
  • 土日出勤あたりまえ
  • 休みの日でもすぐに電話がくる
  • 休みの日でも呼び出されて出勤
  • 忙しすぎて昼休憩が夜になる
  • 上司のクセが強い
  • よくわからない商品をノルマとして買わされる

 

ぱっと思い出しただけでもこれだけ。

私がウェディングプランナーをしていた頃は、このようなことは普通でした。

 

いちばんリラックスできるはずの

仕事が休みの日でさえ、普通に職場から連絡がかかってくるわけです。

 

 

しかも電話がかかってくるだけでなく

けっこうな確率で「休日出勤」しなくてはならなかったんですよね。

 

 

ウエディングプランナーって、

けっこう憧れの職業として女性から思われることが多いんですが、かなりの肉体労働です。

 

客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)もいまだに女性から人気が高い職業のひとつですが、これもそうですね。

 

 

ウエディングプランナーは、基本的に完全担当制。

 

つまり、担当となったお客さんは

結婚式当日までずっと同じプランナーが担当することになります。

 

 

これは、お客さんからすれば最高。

 

なんでも言いたいことが言えますし、

希望通りになるか・イメージ通りになるかは担当プランナーのセンスや腕による部分があるので

 

「このプランナーだから決めました」というような強い信頼がうまれます。

 

 

だからこそなんですよ。

 

だからこそウエディングプランナーは数あるサービス業の中でもブラックな環境になりやすいんです。

 

 

都内で大手の会社を面接したけどブラック以外のなんでもなかった

そういえば今ふと思い出したことが。

 

私は東京に引っ越してきたとき、

都内に本社がある大手ブライダル会社を3社ほど面接に行ったことがあります。

 

都内の結婚式場の忙しさは

地方の比じゃないことは分かっていたので

本気で入ろうと思って面接したというより、経験として大手の結婚式場の会社を受けてみたかったことが理由です。

 

ウエディングプランナーとか

ブライダル業界について詳しい人なら、恐らく誰もが知っている会社だと思います。

 

 

地方よりも都内のほうが忙しいことは分かっていましたが、

面接のときに言われた条件がブラックすぎて、想像をはるかに超えてました。笑

 

「平日は毎日、だいたい夜11時頃帰宅だと思っててください」

「土日は基本、始発出勤・終電帰宅ですので」

「休みの日でも出勤することはありますが大丈夫ですか?」

「終電の時間とかもあるので、式場の近くに住んでもらったほうがいいと思います」

 

 

面接のときにこれだけ念押しするのは

事前に伝えていても体がついていけず、どんどん人が辞めていくからだろうな~と思いました。

 

 

サービス業の「お客様精神」は従業員を追い詰めると思う

日本の接客はかなりレベルが高いです。

 

私自身、いろいろな国に旅行したことがありますが、

 

日本ほど接客がていねいで、

「おもてなし」精神を大切にしている国はなかなか無いと思うんです。

 

 

極端な話ですが、

たとえば世界最先端の都市としてニューヨークが挙げられますよね。

 

そんなニューヨークでも

それなりのレストランに入れば超一流の接客を受けることができますが、普通のレストランなら普通。

 

お店のレベルによって接客レベルはかなり差が出てくるわけです。

 

 

でも日本は普通のレストランでもそこそこていねいな接客ですよね。

 

 

どんなお店でも「お客様は神様です」

みたいな精神でいると、結果的に従業員を追い詰めるのではないかと思うわけです。

 

 

世界基準からすれば日本のサービスは過剰なほどていねい。

 

でも、そこまでていねいさは要らないのでは?というお店からも、かなりのていねいさを感じるんです。

 

 

ウエディングプランナーの話に戻ると

 

ウエディングプランナーも、

たしかにあれだけ大金をお客さんに払ってもらうわけですし

 

お客さんとプランナーの絆が強くなって

なんでもかんでも「できます」「やってみましょう」「最高の日にしましょう」と熱が入りすぎると

 

 

プランナーは自分の首を確実に絞めることになります。

 

なぜかというと

 

そのお客さんだけを担当しているわけではないからです。

同時進行でいろいろなことをやらなくてはならないんですよね。

 

 

ほかのプランナーがどうか分からないので、私が働いていた環境に限って…ですけどね。

 

 

これだけブラックな仕事でも

やはり世間的なイメージや憧れが強い仕事なので、どんどん人が辞めていっても

どんどん面接に来る人は後を絶たないでしょう。

 

しかし、労働環境の改善や、

従業員を大切にするような会社にならないと、なかなか離職率は減らないんじゃないかと思っています。


会社員と個人事業主を両方経験した私が、どっちがいいか考えた結果…

 

何度もこのブログ内で書いていますが、私は個人事業主として働いています。

 

しかしずっとこのような働き方だったわけではなく、きっかけとなったのは出産から。

 

会社員経験はそれなりにありますし、転職経験もあります。

 

そこでこの記事では、

会社員と個人事業主を両方経験した私が、それぞれのメリットや注意点などをまとめてみます。

 

※あくまで私の意見です。

 

会社員と個人事業主の最大の違いは…

私の個人的な意見としてですが、

まずは会社員と個人事業主の違いをいくつか紹介します。

 

あまり専門的なことは書いていませんので、悪しからず。

 

会社員は毎月決まった給与がもらえるが、個人事業主は自分がすべて

会社員の場合、基本的には毎月決まった給与がもらえますよね。

私のまわりには、会社員にもかかわらず「来月の給与もらえるか心配」みたいな人はいません。

 

あとは、まぁ会社にもよると思いますが、ボーナスももらえることが多いです。

 

さらに、会社によっては福利厚生が充実していることもあり、

たとえば「〇〇手当」なんてのがたくさんある会社もあります。

 

 

私のような個人事業主の場合は、給与ではなく「報酬」ですし、ボーナスはありません。

毎月同じ報酬が発生するわけではありません。極端に変わらないですが月によって変動もします。

 

福利厚生もなにもありません。

 

それなので、個人事業主になった今、会社員時代を思い出すと「あの頃は会社に守られていたなー」と感じます。

 

会社員は会社の規則を守る必要があるが、個人事業主はけっこう自由

会社員は、その会社に属している以上は会社の規則を守る必要があります。

 

その会社の顔となっているわけですから、好き勝手な行動は許されないですよね。

 

仮になにか犯罪をしてしまった場合は「〇〇会社の社員が…」という見方をされることになるでしょう。

 

 

規則というのは、

会社のコンプライアンスはもちろん、

たとえば会社の行事の参加、朝礼の参加、出勤・退勤時のルール、服装のルール、有給の取り方など

 

挙げたらきりがないほどたくさんありますよね。

 

 

このような点を考えると、個人事業主は本当に自由だなと感じます。

 

私は会社員時代、なにせ「型」にはまった行動が大嫌いだったので、

「みんなが揃って同じ時間に出社して朝礼?なにそれ?」とか、「電車が遅れただけなのになんで私が謝るの?」とか

「出勤時の服装まで指定してくるってどういうこと?」とか普通に思っていたタイプ(笑)

 

 

それなので、今の個人事業主の働き方ははっきり言って最高です。

 

私の仕事はパソコンがあれば完結するので、パジャマのままでもOK。寝ぐせのままでも大丈夫です。

 

好きな飲み物を飲みながら仕事できますし、音楽聴きながらテンション上げて仕事しているときもあります。

 

子供の病気関係で急に休んでもOK。

上司も部下もいないので、別に周りから冷ややかな目でみられることもありません。

 

会社員は経理が税金関係をやってくれるが、個人事業主は確定申告をする

会社員時代、私は税金に関して全くの無知でした。会社だと経理の人がやってくれますからね。

 

年末近くになると年末調整しますが

年末調整を会社がやってくれるので、自分で税金関係の手続きをする必要がなかったわけです。

 

私が税金関係で考えていたことなんて、給与明細をみて「税金って結構引かれるなー」レベル。

そこから深く考えたり調べてみたりなんてしたことがありませんでした。

 

 

ところが、個人事業主になると自分で確定申告をする必要があります。

 

ちなみに、確定申告は

大きく分けて白色申告と青色申告の2つ。

 

白色申告よりも青色申告のほうが複雑でややこしいぶん、所得控除額は大きくなるメリットがあります。

 

私は青色申告で確定申告しています。

 

 

確定申告と言うと、面倒くさそうと思う人もいると思いますが

私はオンラインの会計ソフトを使ったのでそこまで手間ではありませんでした。

 

 

なお、個人事業主の確定申告はけっこうメリットあります。なぜかと言うと、自分ですべて計算するから。

 

つまり、これは仕事で必要、

というものはすべて経費精算できるんですよ。

 

もちろん「いや、それあなたの仕事には関係ないでしょ」とツッコミ受けそうなものは明らかにNGです。

 

会社員に比べて個人事業主は信用に欠けることもある…

私の夫、現在は会社員なのですが、いっときフリーランスとして働いていたことがあります。

 

そのフリーランス時代、

クレジットカードの審査にことごとく落ちたんです。

 

いくつか申し込んだもののすべて不可。

 

その経験から感じたのは、フリーランスや個人事業主は会社員に比べて信用が無いんだな、ということ。

 

 

フリーランスや個人事業主は、

どうしても会社員に比べると毎月きちんと収入が発生する保障がないですよね。

 

それなので、発行したいクレジットカードがある人は、会社員の時に発行しておくといいですよ。

 

 

ちなみに私は発行したいクレジットカードがあるのですが、まず夫が発行して、

その家族カードを持つようにしようかなーと考えています(笑)

 

結局、会社員と個人事業主のどっちがいいかと言えば…

私は会社員と個人事業主を両方経験しましたが、私は個人事業主のほうが合っていると思います。

 

好き・嫌いではなく、今の私には合っているという感じです。

 

会社員だった頃の私は、会社に対して不満を感じたり、有休の取りづらさを感じたり

何かとストレスもありました。

出勤することもストレスでしたね、

通勤ラッシュの電車に乗って、人がギューギューの中で眠気と闘いながらなんとか立っているのは。

 

 

ただし会社員というのは、

よほどのことがなければ解雇になることはないですし、給料日がくれば勝手に給与が振り込まれます。

 

会社によっては昇給しますし、

育児休暇が取れる会社なら育休中も給与が発生します。

 

福利厚生面でもメリットが大きいわけです。

 

 

しかし、私は個人事業主という働き方を選びます。

私は誰かがつくったルールをひとつひとつ守ることは合わないんです。

なんでそれをする必要があるんだろうか。作業効率が悪くないだろうか。と冷静に思ってしまうんです(笑)

 

 

あとは子供の面。

 

急に病院に連れていきたいとなったとき、簡単に仕事の予定を変更できますし、

上司も部下もチームもないので、「すみませんが休みをとらせて頂いてもいいですか?」という謝罪をしたり、

わざわざ許可を得なくてはならないこともない。

 

これも結構大きな理由です。

 

 

どうしてもチームで仕事をしていると、

子供が熱を出した!となっても、「仕方ないじゃん」とぬけぬけと休めないですよね。

 

こうなったときに子供に対して、

なんで熱を出したのが今日なんだ…とか、先週も休んだのにまた今日も休まなきゃ…とか

思いたくなかったですし、こういった部分で気を遣いたくなかったんですよ。

 

子供が急に病院に行くなんてめずらしいことでもなんでもありませんよね。

 

それなので私は個人事業主としてこれからも続けていきます。


職場に友達って必要?うーん、私は職場の友達はいらないです。

よく、職場内で友達を作る人っていますよね。

 

仲良くなって、そこから一緒に遊びにいったり、家に招いたり…

職場の人→友達というポジションに変わるようなイメージでしょうか。

 

私は、どこかの記事にも書いたのですが、今まで4つの職場を経験しています。

つまり、3回転職しているということです。

 

その経験から話すと…

職場に友達って要らないと思っています。

 

職場に友達を作っても…と思うのですが

私は今は個人事業主なので、どこかに就職しているわけではありません。

 

さらに、自宅で仕事をしているので、特に出勤もしていません。

 

しかし、かつては就職していました。

社会人経験は、おそらく7年位?あったと思います。

 

新卒で就職した職場は、まだまだ学生気分も抜けず。

仲良しの同期や先輩と、休みの日に一緒に会うこともありました。

 

でも、私が退職するとどうなったか。

 

 

会わなくなりました。全く。

 

 

私から連絡することもないですし、連絡がくることもなくなりました。

 

次に転職した職場でも同じような感じを経験しました。

 

そして、感じたこと。

職場は友達を作る場所ではないな、と。

 

友達のように仲良しだった同期や先輩と会っていた時間というのは、

職場の話や仕事の話でもちきりでした。

 

職場の話や仕事の話って、愚痴も多いですよね。

女性同士ですから、根も葉もないうわさ話もよく出てきます。

 

 

会っても、そんな話ばかりだと、

どちらかが辞めると会わなくなるのは、まぁ当然なのかな…とも思いました。

 

 

そこから、職場は仕事だけ。友達はいらない。と割り切るようになり、

3つ目や4つ目の職場では休みの日などに同僚などに会わなくなりました。

 

私は、そのようなスタイルをとっていましたが、結果としてとても良かったと思っています。

 

職場に友達を作らないことでメリハリがつくように

職場に仲良しの友達を作っていると、

 

たとえばお互いに部署が違う場合や責任の違う仕事をしている場合、

うっかり話してはいけないことを話してしまったり、その場にいない人の悪口を口走ってしまったり

することもあり得ます。

 

そうなると、もしその友達と関係がこじれたとき、

話したことを誰かに話されるんじゃないか。

つい言ってしまった悪口をバラされるんじゃいか。

 

など、ひやひやすることにもなるんですよね。

 

同じ職場というだけで、すでにそれが2人の間での共通事項ですから、

それだけでもう話のトピックになるネタは十分なわけです。

 

 

それなので、私も職場で友達を作っていたときは、

今でこそ人の悪口や愚痴を言わなくなりましたが、以前はつい噂話や愚痴を話してしまっていました。

 

 

そして、言ったあとに後悔していました(笑)

 

 

その場にいない人の噂話をこうやって話題にして盛り上がるのは、

もし自分がされていると考えると、とても嫌な気分になったからです。

 

人の噂話をかんたんに口から出す人というのは、結局は目の前にいる私に対しても、

私がいない場所で同様のことをしています。

 

 

私が職場に友達を作らないのは、

つい深い話になったときに愚痴や悪口、噂話になるのを避けたいこと、

うすっぺらい会話だけになるのを避けたいことが大きな理由なのかもしれないです。


管理人プロフィール
画像

管理人:小林ゆり

夫、3歳の娘と都内在住。

夫とは大恋愛の末に結婚。

3回の転職を経て
苦手な人・嫌いな人は
どこにでもいることに気付き、
「合わない人とは付き合わない」
という究極の考えに。

個人事業主として仕事する現在、
時間や人間関係は大きく変化。
ストレスの少ない生活を実践中。

私はちょっと変わっている人間らしい!?

カテゴリー

ページの先頭へ